行政, 開発, 分譲

特集

【週刊住宅2600号特集、都市再生で力強い日本復活】、アジアのビジネス拠点へ進む東京再生プロジェクト、2020年東京オリンピック・パラリンピック

56年ぶりとなる2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まった。五輪を契機に、これからの7年間で東京の大きな変貌が予想される。招致計画では、前回の東京五輪の会場となった都心の「ヘリテッジゾーン」と新たに開発する「東京ベイゾーン」に分け、競技会場や選手村などの建設に総額4554億円を投入。コンパクトな会場配置で、総数37の競技会場のうち22会場(59%)を新たに建築し、11会場を恒久施設 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日