その他

連載

大家検定講師 沖野元の「知識は力なり」(62)、「除却」と「再生」見極め急いで対策を、深刻化する空き家問題

 空き家問題は、現在日本の不動産市場で懸案の中古住宅流通にも関係するものである。空き家は大きく2種類に分けられる。廃屋に近く除却(建物を取り壊して更地にすること)すべきものと、再生できるものである。  除却すべきものは様々な危険を抱えているため、一刻も早く除却してほしいものであるが、除却費用が捻出できないことや、固定資産税の軽減措置がなくなるなどの問題でなかなか実現できないでいる。  こうした空き ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日