その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(961)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、今年2回目の入札でようやく落札事故から時間の経過が価格に影響、前所有者が自殺したマンション

 中古マンションへの入札はますます積極的になってきたが、その中で、今年になって2回の入札を行い、ようやく落札されたマンションがある。9月19日開札で落札された葛飾区のマンションは、今年5月30日に開札されたが、その時は落札されなかった。  そのマンションはJR常磐線金町駅からバスで10分超の立地にある、専有面積約16坪の2DKのマンションである。築25年と、やや古いが、マンションとしては新耐震基準 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日