その他

連載

政治・経済情勢から見る住宅不動産の針路、17、不動産コンサルタント長嶋修、高成長続くフィリピン不動産、値上がり益にも期待

 前回に続き、フィリピン・セブ島の不動産投資の話です。  フィリピンのような新興国ではこれから高度経済成長が始まります。GDPが毎年5~7%と高成長が続くため、不動産価格もどんどん上がっていきそうです。  若い人が多く、人口が増えているフィリピンでは住宅が不足気味。多くの国民がマイホームを求めていますが、価格は年収の10倍以上と持ち家が一般化するまでにはもう少し時間がかかりそうです。  海外からの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日