行政

その他

厚労省研究班、住宅安全網で事業骨子

 空き家を活用した住宅困窮者のセーフティーネットを検討する厚生労働省の研究班(座長=高橋紘士・高齢者住宅財団理事長)は27日、事業の骨子をまとめた。安全網の構築に向けた実施体制、既存住宅を活用する際の法的課題など基本的な考え方を示している。  骨子では、地域のNPOや社会福祉法人などが主体となって、空き家を困窮者向け住居に改修し、見守りなどの生活サービスを行う事業を「地域善隣事業」と定義。高齢者に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日