行政

その他

「環境不動産」普及、リース手法を検討、国交省

 国土交通省は、環境性能の高いオフィスビルなど「環境不動産」の普及に向け、各種の情報整備やリース手法の具体化を図る。  環境不動産普及促進検討委員会(座長=野城智也・東京大学生産技術研究所教授)が検討を進める。検討内容は(1)情報の可視化・流通(2)既存ストックの環境対応促進の2つ。  (1)では、国内・海外の各種レーティング情報の体系的な整理、オーナー・テナント双方にとって有益な情報の整備が検討 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日