行政, シルバー

その他

都市部の高齢者、住宅安全網に空き家活用、厚労省検討会事業化の必要性指摘

 都市部の高齢化対策を議論してきた厚生労働省の検討会(座長=大森彌・東京大学名誉教授)は20日、報告書をまとめた。空き家を活用した低所得高齢者向け住宅など新たなセーフティーネットの必要性に触れたほか、介護保険制度の居住地特例の対象にサービス付き高齢者向け住宅を追加することを求めている。  報告書は、高い人口密度や生活インフラの充実といった都市部の強みを生かし、急速な高齢化に備えた地域包括ケアシステ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日