賃貸管理

その他

不良入居者「契約」で防ぐ、「再契約型」定借注目集まる

 悪質入居者の存在は賃貸経営にとって頭の痛い問題だ。退去を求めようにも借地借家法が壁となって協議が難航するケースは多い。こうしたトラブルの予防策として近年注目を集めるのが再契約を前提とした定期借家契約。ルールを守らない“モンスター入居者”対策に定借を導入する動きが賃貸管理会社で広がっている。 ●居住環境改善、利用者に理解  首都圏で5000戸超を管理するアートアベニュー(東京都新宿区)は、管理す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日