行政

その他

国交省、住宅・金融で率直議論、業界横断型の会合始動

 国土交通省は26日、住宅・不動産と金融関係者による円卓会議「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」の初会合を開いた。築年数によって一律に価値が減っていく建物評価の仕組みや、新しい住宅ローン商品のあり方など「住まいと金融」をテーマに率直に意見を交わす。会合は来年度末までに複数回開き、成果は来年の概算要求・税制改正要望に反映する。  委員は住宅・不動産プレーヤー、金融機関、金融関係の業界団体など18人 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月30日