その他

特集

【住宅・土地政策拡充キャンペーン1】、消費増税、恒久的な対策を、「ローン減税」「給付金」で負担軽減

 来年4月に消費税率が現行の5%から8%に引き上げられる。10月1日発表の日銀短観や雇用統計などを分析して最終判断するが、予定通り引き上げとなる公算が大きい。さまざまな分野でその影響が懸念されるが、とりわけ取引額の大きい住宅市場に与える影響は大きい。政府は、住宅ローン減税の拡充や、現金による給付措置(すまい給付金)などの負担軽減措置によって、増税前の駆け込み需要と反動減を抑える方針だ。住宅・不動産 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月23日