その他

特集

【不動産再生ビジネス特集】サンセイランディック、城南・城西で仕入れ強化、低容積地のアパート等に的、相続増税で底地問合せ増、仲介会社との連携強化

 借地権付きの土地(底地)、老朽化したビル・アパートなど権利関係が入り組んだ不動産の再生に強みを持つサンセイランディック(東京都千代田区、松崎隆司社長)。同社では現在、都内城南・城西エリアでの物件取得を強化している。  権利関係が複雑化した不動産を仕入れ、問題を解消した上で売却するのが同社の基本的なビジネスモデル。地主から購入した底地を借地人に売却する底地事業で成長してきたが、近年は老朽化したビル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月23日