その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(105)、管理組合は専有部分の水道料金を特定承継人に請求できるか、水道は共用部管理とは無関係。滞納者には早めの請求を

【はじめに】  建物区分所有法では、マンションの管理組合は規約に基づき、区分所有者に対する債権について、区分所有権を譲り受けた特定承継人に対しても行うことができることになっている(8条、7条1項)。  マンションでは、「建物、敷地、付属施設の管理または使用に関する区分所有者相互間の事項は、規約で定めることができる」としている(30条1項)。問題は、専有部分の水道料金は、ここでいう建物に関する「区分 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月23日