行政, 団体

その他

基準地価団体・企業コメント、成長戦略の実現でデフレ脱却を、地価底入れから反転局面に、五輪効果に期待、建設費懸念も

■不動産協会 木村惠司理事長  地価に回復の兆しが見えてきた。首都圏の新築マンション契約率は引き続き7割を上回る販売状況を持続。賃貸オフィス市場についても堅調に推移しており、不動産市場回復の動きは継続している。日本経済が緩やかに回復しつつあるなか、大都市の国際競争力向上や内需主導による成長戦略の実現が不可欠である。 ■全国宅地建物取引業協会連合会 伊藤博会長  アベノミクス効果でデフレ脱却の兆し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月23日