行政

その他

国家戦略特区、賃貸住宅を宿泊施設に、外国人誘致へ厚労省検討

 政府の産業競争力会議は20日、1回目となる課題別会合を開き、10月に決定する国家戦略特区について議論した。自治体や民間企業から集まった特区提案のうち、各種の規制に関する部分をテーマ別に分けて論点を整理した。  提案に盛り込まれた規制改革要望を医療、雇用、教育、都市再生・まちづくり、農業・食品、地方議会、歴史的建築物、エネルギーの8つに分類した。今後、関係省庁と協議を進め、規制緩和の実現を目指す。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月23日