行政

その他

中古住宅を成長戦略の柱に、鶴保庸介国土交通副大臣に聞く、金融市場との連携強化、改修促進へ「検査済証」代替措置も

 国土交通省で住宅政策を担当する鶴保庸介副大臣は週刊住宅新聞社のインタビューに応じた。鶴保氏は「中古住宅市場の拡大に向けた施策にスピード感を持って取り組む」と述べ、26日にキックオフする金融市場を交えた関係者会合「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」に強い期待感を示した。また、検査済証がない既存建築物について、安全性が確認されたものには検査済証に準ずる書面を交付する制度の検討を指示したことを明らか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月23日