不動産流通・売買・仲介

その他

東急リバブル、取締役専務執行役員北川登士彦氏に聞く、外国人投資家に攻勢、ホテル、公的不動産も強化

 不動産市場に好転の兆しが強まっている。安倍政権の経済政策を契機に高まったデフレ脱却期待に加え、今後は、2020年東京五輪の開催決定が追い風となりそうだ。前倒しで景気が良くなり、五輪開催までの向こう7年の間に海外マネーの対日不動産投資が増えると期待する声は少なくない。すでに東急リバブルでは、シンガポールと上海に拠点を構え、ソリューション事業本部を中心に外需を取り込む体制を着々と強化している。北川登 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月23日