行政, 不動産流通・売買・仲介

その他

不動産取引価格公開へ/個人情報保護に配慮/登記時に届出 ネットで閲覧/「地番」は含まず

 「取引の透明性を高めるため、誰でも情報を自由に入手できるよう環境を整備すべき」。国土交通省で1年にわたり議論が繰り広げられた不動産取引価格情報の提供問題は、賛成・反対双方の意見を考慮し、個人情報保護に配慮しつつ原則公開という形でまとまった。今後、登記時に取引価格の届け出が義務づけられ、不動産の種類と取引価格、取引時期、面積、地番を含まない所在地までが公開される。同省では、情報公開による土地取引の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日