その他

余滴

【余滴】

 「政府税調なぞ軽視ではなく無視」そう息巻いていた自民党税調の会長に津島雄二・元厚生大臣が就任した。かつてガチガチの党人派によって掌握されていた「利権の牙城」も、意思決定プロセスが透明化されるなどで改革された。今後、党と政府の「二つの税調」のパワーバランスがどう変わるかが注目されている▼それを占う試金石が、住宅ローン減税延長問題だろう。周知のとおり政府税調は減税措置の大幅縮小を唱えている。歳入欠陥 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日