ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(756)、ハウジングライター・藤原 利彦、「ちょうどいいリノベーション」、既存下地利用も提案、インテリックスの新戦略

 中古マンションのリノベーション事業を展開するインテリックスグループのインテリックス空間設計は、セレクト型リノベーション「ちょうどいいリノベーション」サービスの体制を整え、一般市場でのマンションリノベーションを本格展開する。これまでリノベーションといえばスケルトン状態にしての全改装が一般的だったが、既存下地の利用も可能にして、選択の幅を広げたのが特徴。  インテリックスは仲介会社を通じて中古マンシ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月16日