その他

連載

人生でいちばん輝くとき~定年後のGood Time~(6)/第1章/どこかおかしい今の日本/在宅介護とバリアフリー住宅

■「在宅介護」という親孝行\n ところで最近は、高齢者介護のための住宅改造もだいぶ見られるようになってきました。多くの方が、歳をとり身体が弱ってきたときも、住み慣れた家で、家族に囲まれて、いわゆる「在宅」で暮らしたいと望んでいらっしゃることでしょう。親孝行な子どもたちも「できるなら親と一緒に暮らしたい。親を家で看取ってあげたい」という気持ちがあるでしょう。しかし立派な住宅改造をしても、それだけで在 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日