資格・試験

連載

2013年宅建試験主要3分野過去問合格講座

問  題 ■民法ー代理 【平19-2】 Aは不動産の売却を妻の父であるBに委任し、売却に関する代理権をBに付与した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 (1) Bは、やむを得ない事由があるときは、Aの許諾を得なくとも、復代理人を選任することができる。 (2) Bが、Bの友人Cを復代理人として選任することにつき、Aの許諾を得たときは、Bはその選任に関し過失があっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月16日