賃貸管理

その他

レオパレス21/下期・中期計画/小型店舗で客付け強化/新たな事業の柱育成へ

 レオパレス21は、今年度下期事業として、賃貸部門の営業力を強化するため、直営小型店舗の出店を促進し、店舗数を9月末の195店舗から214店舗に拡充する。中期戦略では、「建設請負受注額3000億円、賃貸管理戸数50万戸は5、6年で達成できる見通しで、この間に新規事業の柱を構築する」(深山祐助社長)として、不動産証券化ビジネス、ブロードバンド事業などを積極的に推進していく考え。\n 同社は、「レオパ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日