団体

その他

広告の「先走り」目立つ/都宅協・公取協/表示内容を調査

 (社)東京都宅地建物取引業協会自主規制委員会(中田猛夫委員長)と(社)首都圏不動産公正取引協議会は11月27日、「不動産広告表示に関する沿線別実態調査」を行った。公取協の首都圏54人のモニターから送られたチラシ広告で問題のあったもの、公取協に報告のあった物件広告について実地調査を行った。\n 今回の調査で多かったのは、建築確認が取得できていない段階でのチラシ広告。建築確認申請中での広告も多く、実 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年12月11日