その他

連載

ざっくりわかるニュースの要点(ツボ)、「寄宿舎」で揺れるシェアハウス、防火、採光確保が必要に、厳格化で「既存不適格」増加も

■「シェアハウス=寄宿舎」に  国土交通省は6日、都道府県宛てに出した「違法貸しルーム」に関する通知の中で、一般的なシェアハウスを含む貸しルームは建築基準法上の「寄宿舎」にあたるとの見解を示した。  これにより、オフィスや戸建てなどを転用した100平方メートル以上のシェア住居は、原則として寄宿舎への用途変更が求められることになった。寄宿舎は防火性の高い間仕切りの設置、居室の採光確保が必要となる。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月16日