行政

その他

国交省石井都市局長、五輪見据え都市防災強化

 国土交通省の石井喜三郎都市局長は11日、週刊住宅など専門紙のインタビューに応じ、都市防災やコンパクトシティなど今後の都市政策の方向性について語った。以下は発言要旨。 ■都市の防災性強化  南海トラフや首都直下型地震に備えてソフト・ハード両面で万全の対応を取る。  東京・丸の内や大手町といった大都市の高度業務地域は、企業単位の事業継続計画(BCP)に加え、エネルギーの自給自足、帰宅難民の受け入れ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月16日