開発, 分譲

その他

老朽化マンションの再生、区分所有“解消制度”創設を、実務家・有識者が提言

 デベロッパーや建設コンサルタント、弁護士などマンション再生に携わる実務家と学識者などで組織する老朽化マンション対策会議(会長・椎名武雄日本IBM名誉相談役)は10日、老朽化マンションを再生するために区分所有関係解消制度を創設すべきだという提言をまとめた。今後、関係省庁や国会議員に働きかける。 ■議決は「3分の2」に緩和  区分所有権の解消決議は、今年改正した被災マンション法で可能になったが、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月16日