その他

連載

不動産金融のチカラ(89)、澤田 考士、価格の把握に有用なインデックス

 本年7月に公表された路線価は、全国平均で前年比マイナス1.8%の水準となり、依然として価格下落傾向が継続している状況が明らかになったものの、下落幅自体は4年連続で縮まった。また、8月に公表された国土交通省の地価LOOKレポートによれば、地価上昇地区数は全体の3分の2を超す水準まで増えた。地価反転の兆しが見え始めたといえる。今後、地価反転がいつ本格化するのか、その動向が注目される。  日銀の黒田総 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日