その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(755)、ハウジングライター・藤原 利彦、積水ハウス「カゾク・ト・カゾク」、多世帯住宅提案の新手法、ゲーム感覚でつながり度探る

 住宅の新商品開発は家族の新しいカタチの提案がトレンドだ。かつては夫婦に子供2人の4人家族が標準家族だったが、高齢化や少子化、晩婚化などから家族のカタチが多様化。1.5世帯、2世帯、2.5世帯、3世帯と多様化するとともに、親・子・孫の3世代だけでなく親族などとの同居も増えつつある。家族とともに暮らす安心感や経済的メリットが見直されているが家族みんなの思いをカタチにするのは難しい。  積水ハウスがこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日