開発

その他

,【防災特集】オフィスビル、建物の安全技術で守る

 東日本大震災によって高まった企業のBCPニーズを背景に、オフィスの防災対策が急速に進化している。南海トラフ沿いで発生が想定される巨大地震の長周期地震動による被害が予想される超高層ビルでは、大きな揺れに効果があると言われる制震装置や建物構造の安全性を早期に確認する被災度判定システムの導入が加速。被災後のオフィスのライフライン確保に不可欠な非常用発電設備も日進月歩の勢いで大型化が進み始めた。 ■超 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日