分譲

その他

【防災特集】分譲マンション、耐震性高めライフラインを確保、免震・制震、大型非常用発電機を採用、室内の安全性向上も

 マンションの防災対策は、東日本大震災以降の購入検討者にとって価格や立地、間取りプランに並ぶ最大の関心事に“昇格”した。とくに防災対策に関心が集まるのがタワーマンション。東日本大震災では大きな揺れに耐える超高層建築物の安全性を実証した一方、高層住宅でエレベーターや給水といったライフラインが断絶すると、低層住宅以上に不自由な生活を強いられることが改めて認識されるようになったからだ。デベロッパー各社は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日