行政, 団体

特集

【防災特集】巨大地震への備え急げ、災害に強いまちをつくる

  南海トラフを震源とする巨大地震が発生した場合、関東から九州にかけた太平洋側の幅広い地域で震度6から7の強い揺れが起こるおそれがある。内閣府の試算によると、津波や建物の倒壊、火災による死者は最大30万人を超え、インフラやサプライチェーンの断絶が経済活動に深刻なダメージを与える可能性もある。震災への備えが待ったなしとなる中、国や自治体、企業は防災・減災の取り組みを強化している。 ■大規模建築物耐 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日