行政

その他

9月のフラット金利、2カ月連続で低下、住宅金融支援機構

 住宅金融支援機構は9月のフラット35金利を発表した。主力の21年以上35年以下は1.940%(最頻値)だった。2カ月連続の低下。20年以下も低下した。  フラットを含む住宅ローン金利は、国債価格の下落で春先から上昇基調にあったが、足元では落ち着いている。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日