行政

その他

貸しルームは、寄宿舎に該当、国交省が見解

 国土交通省は6日、一つの建物に複数人が居住するいわゆる「貸しルーム」は、従前の用途にかかわらず建築基準法上の「寄宿舎」に該当するという見解を示した。  戸建てなどをシェアハウスに転用している場合、間仕切りの防火性確保が必要となる可能性がある。  また、貸しルーム内にある個人の居住スペースは、建基法に基づく「居室」に該当するとし、採光に関する規定を満たす必要があるとした。同日付けで都道府県に通知し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日