行政, 統計・データ

その他

金利の先高感影響、住宅金融支援機構調べ、変動金利選択3年ぶり低水準

 住宅ローン利用者1048人を対象にした住宅金融支援機構のアンケートで、変動金利型ローンを選択した人の割合が3年ぶりに5割を割り込んだことがわかった。将来の金利上昇を見越し、支出をあらかじめ確定できる固定金利型にシフトするユーザーが増えている。  調査は年3回実施している。今回調査(3~6月期)で変動を選択したユーザーは前期比7.5ポイント減の43.5%だった。  変動金利の利用者が前年を下回るの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月9日