その他

その他

プロ書店員が推薦、仕事に役立つこの一冊、有隣堂アトレ目黒店、主任、鈴木宏昭さん、『世界の経営学者はいま何を考えているのか』ほか、社会科学として経営学を捉える

 今回は、日々勉強熱心なビジネスマンに読まれている、経営に関する本3冊をご紹介します。  1冊目は『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(入山章栄著、1995円/英治出版)。 著者はアメリカのビジネススクールに籍を置く気鋭の経営学者。冒頭で、日本国内では「アメリカの経営学=ドラッカー」と思っている人が多いのではないかと懸念を表明しながら、それは大きな誤解であり、アメリカの経営学者は「だれもドラ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日