その他

連載

街づくり】文化 企業・ひと、HEAD研究会が19日に報告会、欧州に学ぶストック活用の知恵、ドイツ・オランダ1世紀前の建物現役で活躍

 建築や住宅に関係する新しい産業のあり方を探る一般社団法人HEAD研究会(松永安光理事長)の有志メンバー約20人が6月、ドイツとオランダを中心に欧州視察を行った。ストック活用に徐々にシフトし始めたとはいえ、いまだ日本は新築至上主義。社会変化に取り残された建物は簡単に廃棄される日本の建築文化を変えるヒントを、築100年以上の建物を当たり前に使いこなす欧州都市の中に、見つけ出すのが目的だ。視察に参加し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日