開発

その他

地震直後に安全判定、森ビルが被災推定システム開発、長周期地震動も事前検知

 森ビルは、地震の計測データを基に建物構造の安全性や被災状況を瞬時に自動解析し、長周期地震動の検知機能も備えた被災度推定システム「e―Daps」を開発し、六本木ヒルズ森タワーでの運用を始めた。  ヒルズの数フロアごとに地震などによる揺れを計測するシステムを置き、建物固有の構造特性データと照らし合わせることで、フロアごとの揺れの大きさ(加速度)と、建物に生じた変形度合いを実測データに基づきリアルタイ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日