不動産流通・売買・仲介

連載

私が江副さんから学んだこと、リクルートDNAの本質、ネットワーク88主宰幸田昌則、(19)、「見切り千両」でダメージ軽減、他社に先駆けて在庫処分を

 昔から、商売人の間で「見切り千両」という言葉がありました。主旨は「早く処分するほどうまくいく」というもので、不動産業界では完成在庫を一掃する時には極めて有効な手段と言えます。  1990年にバブルが崩壊し、金融機関が行った不良債権処理も「見切り千両」を実行したところでは傷が小さくて済み、見切りを遅らせたところでは深い傷を負いました。  江副さんも、この「商売の鉄則」を常に口にして、在庫の圧縮と早 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日