その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(957)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、敷地延長で共同住宅は不可再築できなくても入札48本、既存不適格のアパート

 現在の不動産市場の特徴として、収益不動産の需要がかなり高いということがある。とくに、個人投資家向きの1億円未満のアパートなどは、相当に需要過多であるように聞く。  8月1日開札で目を引いたのが、西武豊島線豊島園駅徒歩約5分に立地する、アパートである。土地は約29坪、建物は築43年を経過する木造の共同住宅で、延床面積約28坪である。建物の間取りは2K中心の全4戸で、賃料収入は年約230万円である。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日