行政

その他

 厚生労働省は8月27日、都市部の高齢化対策に関する検討会(座長=大森彌・東京大学名誉教授)を開き、これまでに開いた議論の内容を踏まえた論点整理を発表した。9月にとりまとめを行う。

 国土交通省は7月の建設工事受注動態統計(大手50社調査)を発表した。住宅の建設工事受注額は前年同月比8.5%減の1023億円と3カ月ぶりに前年を割り込んだ。 調査は1件5億円以上の工事が対象。多くはマンションと見られ、数カ月先の住宅着工に影響を与える可能性がある。  不動産業による7月の建設工事発注は、同1.7%減の1280億9200万円。うち住宅は801億円だった。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日