行政, シルバー

その他

高齢者問題に、空き家活用を、厚労省の検討会

 厚生労働省は8月27日、都市部の高齢化対策に関する検討会(座長=大森彌・東京大学名誉教授)を開き、これまでに開いた議論の内容を踏まえた論点整理を発表した。9月にとりまとめを行う。  論点整理では、都市部は持ち家率が低く、低所得者・生活困窮者を中心に住まいの確保が課題になっていることや、住民同士の関係性が希薄になっていることなどを課題として挙げた。  一方、人的・物的資源とインフラ、資本が集まって ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日