その他

その他

国土交通省事務次官、増田優一氏、老朽化対策が内需拡大促す

 8月に就任した国土交通省の増田優一事務次官は8月27日、週刊住宅など専門新聞のインタビューに応じ、インフラや都市、民間ストックなど社会資本整備のあり方について語った。今後老朽化が進むマンションでは、建て替えや修繕などを円滑化するためのフレームづくりの必要性を指摘し、容積率の緩和などを今後の検討の方向性として示した。以下は発言要旨。 ■作る時代から「使う時代」に  ストックの老朽化対策は今最も大 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日