賃貸管理

その他

アパート、防犯仕様で差別化を、1階住戸でも客付け容易

 賃貸住宅の入居者が住居を選ぶ条件として、賃料と立地、安全・防犯性能が上位に挙げられる。賃貸住宅を建設するに当たりオーナーは賃料や立地には注意を払うが、建設費用が高くなるため安全・防犯性能に力を入れることは少なかった。しかし近年は行政が防犯性能に優れた物件を認定する制度を作ったり、アパートメーカーが防犯仕様に力を入れるようになった。防犯性能は物件の差別化策として切り離せない。  行政の制度として「 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日