行政

その他

国交省が法案、地方都市を集約化、税制、補助で居住誘導

 今後急速に進む人口減少と高齢化に備え、国土交通省は地方都市などのコンパクトシティ化を進める。地域の核となるエリアに移転した法人や個人に税制などのインセンティブを与え、都市機能と人口の誘導を図る。来年の通常国会に関連法案を提出するほか、来年度の税制改正要望で特例措置の創設を盛り込むなど制度、税制一体的に取り組む。  人口10万人程度の地方都市と大都市の郊外を想定する。現在提出を検討している法案では ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年9月2日