ハウス・住設

その他

積水ハウスがメガソーラー事業に参入、鹿児島のゴルフ場跡地で、年間約3万MWを発電

 積水ハウスは23日、鹿児島県湧水町でメガソーラー発電所「サンシャインエナジー湧水(仮称)」の起工式を行った。敷地面積136ヘクタールでゴルフ場跡地でのメガソーラーとして国内最大規模、土地・建設事業費は約92億円を予定する。  これまで自社工場屋根に太陽光発電を設置して売電を行っていたが、土地を取得して事業を行うのは初めて。  事業主体は特定目的会社で、年間発電量は一般家庭7900世帯分の年間消費 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月29日