開発

その他

東京都心のビル、6月は改善一服、空室率は横ばい~微増

 三幸エステートが調べた6月末の東京都心5区大規模ビル(基準階面積200坪以上)の空室率は前月末より0.02ポイント低い6.19%とほぼ横ばいだった。  新築ビルの大量供給に喚起されて拡大傾向にあったテナントの移転需要が、新築ビルの空室減少に伴って伸び悩む兆しが見受けられるという。一方で新築ビルにテナントが移転した後の既存ビルでは次のテナントが決まらずに2次空室が顕在化する傾向が続き、募集面積(空 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月15日