その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(748)、ハウジングライター・藤原 利彦、セキスイハイムの2つのトライ、快速30日施工にメド、社員大工育成へ訓練校開設

 工業化住宅の強みは工場生産による品質の安定とコストダウン。積水化学工業住宅カンパニー(=セキスイハイム)が次世代戦略として取り組んでいるのが、(1)工場生産化率のアップによる快速施工と、(2)社員大工の育成だ。  セキスイハイムはユニット住宅ということもあって工場生産化率は80%で他のプレハブ住宅メーカーと比較すると工期は短い。据付から完工まで40日施工を実現しているが、この強みをさらに徹底すべ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月15日