賃貸管理

特集

【賃貸管理ビジネス特集】厳しさ続く賃貸市場、入居確保競争が激化、物件差別化提案が重要に

 厳しい環境が続く賃貸住宅市場。日本賃貸住宅管理協会の調査によると、入居率こそ9割台になっているものの、成約賃料は下落基調が続き、礼金ゼロやフリーレント設定の契約条件も増加傾向。オーナーや管理会社にとって賃料下げによる入居促進は、賃料収入や管理手数料収入を削ることにつながる。こうした状況に加えて貸家の新設住宅着工や住宅メーカーの集合住宅受注が前年よりも ●大幅増の基調で推移しているため、入居者獲 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月15日