行政

その他

厚労省検討 空き家活用、生活支援も、低所得高齢者に住宅安全網

 厚生労働省は、空き家を活用して都市部の低所得高齢者を受け入れる仕組みを検討する。住まいの提供にとどまらず、生活支援や見守りといったソフトサービスを併せて提供する。都市部では今後急速に高齢者が増えるが、公営住宅などセーフティーネットは不足しており、新たな受け皿としたい考え。学識者と社会福祉法人、NPOなどでつくる厚労省の委員会が秋にも事業化に向けた報告書の骨子をまとめる。  介護や支援が必要な高齢 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月15日