その他

その他

積水ハウス、大阪・梅田に研究施設、一般の声集め、商品企画に反映、営業色除き商業施設内に開設

 積水ハウスが4月に開設した新基軸創造施設「住ムフムラボ」(大阪市北区)の5月末時点来場数が、年間目標15万人の3割に当たる5万人を超えた。一般消費者を交えた研究施設で、住宅建設の予定がない人の声を集めて今後の商品企画や販売促進策などに役立てる。  住ムフムラボは、大阪・梅田の複合施設「グランフロント大阪」の中核施設「ナレッジキャピタル」内にある。企業、大学、一般消費者などさまざまな人たちで新たな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月1日